読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

みすゞ飴、みすず飴、みすずあめ

食・土産

f:id:PageTAKA:20170101175424j:plain

爺は、長野県生まれです。小学校1年生の1学期途中まで東筑摩郡内にいました。現在、通った校舎はありません。
すでにほとんどの記憶は途切れ、父母も他界したため当時のことで改めて気がついたことがあっても、確認できないのであります。

先だって長野駅の「MIDORI」というショッピングモール2階で「みすず飴角袋」を見たのです。なにか懐かしい気がしました。

昭和30年代の前半です。「戦後は終わった」とはいわれたもののそう贅沢でもなかった、甘いものも潤沢にあったはずもない時代であります。なにか、この名前が記憶からよみがえってきたような気がしたのです。試食をすすめられました。あ~なにか覚えのある…(おそらく、単なる生まれ故郷への郷愁≒ほぼ勘違い+思い込み)という口当たりでした。

ネットで調べてみたら100年の歴史がある品物だそうです。

勘違いでもいいな~、長野の味!

へしこの浅漬け@京丹後・間人

食・土産 京都

京丹後間人(きょうたんご・たいざ)からの到来物です。
f:id:PageTAKA:20161115113146j:plain
へしこの浅漬けです。

塩と糠を使った保存食です。10分くらい弱めの火で炙ると美味しくなると書いてありました。
f:id:PageTAKA:20161115113249j:plain

外側には糠と合わせ唐辛子も使ってありました。
ご飯によく合う、お酒にも…はい。

他の地方より塩辛くないよう工夫した「米ぬか漬け鯖」だそうです。

www.hisami-kasade.com

博多駅:JR博多シティで、ラーメン、飲み屋をさがした~

食・土産

www.jrhakatacity.com

博多駅界隈でラーメン屋さんをさがす…

博多に行ったら「博多ラーメン」食べてみたいな~などと思っており、ちょっと探してみました。
4日、唐津からの帰り、博多駅乗り換えを1時間以上あるのにしてもらったので周囲をぶらり歩いてみました。

ありました、ラーメン店。JR博多駅筑紫口(≒東口というかんじかな)
f:id:PageTAKA:20161107115934j:plain
透過グレーで〇したあたり。GoogleMAPから作成[写真上]

他にもたくさんあるんでしょうけど、ちょっと探していくという場所かと思いました。

1F・博多ほろよい通り、2F・博多めん街道、B1F・博多のごはん処

f:id:PageTAKA:20161107120237j:plain
一杯、ラーメン、食事、と楽しめそうです。
f:id:PageTAKA:20161107120334j:plain

f:id:PageTAKA:20161107120417j:plain

f:id:PageTAKA:20161107120453j:plain

博多駅全体(≒JR博多シティ)が南北にあって北東位置にこれらのお店がある…というかんじでしょうか…。
よしよし、どこかで…などと思いながら歩き、ふと時計を見たら…ガーン…時間切れ~乗車時間が迫っておりました…ザンネン。

まぁ知ってる人にとってはイマサラというようなことでしょうけど、イナカモノノ爺には新たな発見でありました…。博多の時間つぶし、このあたりでもできそうだ…。

JR券:新幹線経路は複雑怪奇…

交通

山陽新幹線山陽本線と同一の運賃計算だったかと思います。爺、一応「旅行業務取扱主任」(総合)という資格持ってます。なので、少しは運賃の基本知ってるつもりでした…。

しかし、改めて「現実」は不思議なものなのだと知ることが最近ありました…。「資格」には「死角」がいっぱい…なんちゃって。

往復割引:赤穂線西大寺駅から岡山駅経由の上り新幹線、名古屋駅経由で長野駅往復

先だって長野に行ってきました。スケート大会写真撮影のためです。
pagetaka.hatenablog.com

f:id:PageTAKA:20161107110445j:plain
西大寺→岡山→名古屋→長野という経路で往復すると「往復割引」(1割引き)になりました。片道601km以上だと適用になります。いつからこういうきっぷを使ってないのだろうと、ずいぶん「オヒサリブ~リ~ネ」という印象でした。
帰路に問題は起こりました…ジャーン!

西大寺駅からの新幹線切符、岡山駅では途中下車できない(経路に一部現実離れした理解が必要)

長野駅からの帰り、新幹線で岡山駅到着。しかし、途中下車できないのです。距離は十分なのですが、冒頭に書いた「経路」の縛りによるものです。
f:id:PageTAKA:20161107111917j:plain

新幹線は別経路だけど計算上山陽本線という扱い→東岡山経由

爺、一応資格があり原則知ってたです。でも、実際に岡山駅を経由するし、新幹線特急券は「岡山」をプリントしています。でも、乗車券的には、普通電車で姫路方面から来て東岡山駅で乗り換え、赤穂線西大寺駅へ、という扱いだそうです。
自動改札で岡山駅で途中下車しちょっと暇つぶし、などという爺の妄想は砕かれたのでした…。岡山駅で下車しないことをもって、東岡山駅で乗り換えたとみなしている、という…。

佐世保、長崎方面の切符:新幹線乗り換え新鳥栖か博多かで、乗車券は異なる

f:id:PageTAKA:20161107112227j:plain
先日、西大寺から博多経由で佐世保を往復しました。
帰路、新鳥栖で乗り換えて帰ろうかな~などということで、佐世保駅特急券を買おうとしたら、「乗車券をお見せください」とのこと…。そして、これは新鳥栖で新幹線に乗り換えることができない、と…。どうしてもということなら、経路外となっている乗車券を求める必要がある、とのことでした。
そうか~単純に在来線と同様、と考えていると異なる例があるのだと知りました。
新鳥栖駅九州新幹線の駅ではあるけど、鹿児島本線の駅ではなく長崎本線の駅ということなんだろうなぁ~

往復切符を買って出かけるのなら、あらかじめ博多か新鳥栖、どちらで乗り換えるか決めておかないと不便が生じる可能性があるということか…。もっとも、西大寺佐世保は往復割引の対象にはならないので、片道切符で使い分けるのも一案か…。

博多から姪浜経由で唐津、1枚の乗車券

pagetaka.hatenablog.com

先日、唐津くんちを観ようということで、西大寺→岡山→(新幹線)→博多→(市地下鉄)→姪浜唐津、というルートで日帰りしました。

f:id:PageTAKA:20161107113538j:plain
乗車券は一枚の切符でした。福岡市地下鉄線をふくむJRで発行された切符は、同地下鉄の自動改札でそのまま通過できたのでした…。ありがたや~

柿大福:如水庵

食・土産

www.josuian.jp

先日、JR博多駅を通った時、4個入りという箱の大きさがちょうどいいな、と思い買って帰りました。

f:id:PageTAKA:20161106195516j:plainf:id:PageTAKA:20161106195518j:plain

「いちご大福」というと、イチゴがそのまま入っていて…というのが大方の理解かと思います。したがって、爺の「柿大福」もステレオタイプな内容を想像していました…はい。

帰宅後、仏さまに供え、1個をおさがりでいただいてみました。中が「柿」そのままということではありませんでした…。心得て購入した方が良いのかと…はい。

色はなかなかに「柿」を想像させてくれるものでした。餡も美味しかったです。ごちそうさまでした…。

限定品ですが通販もしているみたいです。日持ちが2日ほどのようです。

軽四でアチコチ。フェリーに乗って3分、対岸へ

交通

6日、軽四でふらふらと出かけました。対岸の島までわずか3分というフェリーに乗りました。
f:id:PageTAKA:20161007112137j:plain

本来の目的地(ナイショ)にはたどり着けず、尾道でラーメンを食べて帰路につきました。以下、顛末…。

ウワッ、渋滞

朝方、奥さまから「車、本日使わせてあげる」という上から目線の「オコトバ」をいただき、そそくさと出発しました。目的地は、先月行った「しまなみ海道」に関係があるトコロ…(ナイショ)。
tabi.hatenadiary.com

国道2号線を西進。百間川を渡る手前ですでに渋滞。そうか、通勤時間帯…。普段の生活時間帯にはあまり関係なさそうな時に外出するとこういうことになる。

さっそく、側道、南下、児島半島、西進、ということで、2号線より南を西へ西へ。笠岡の工業地帯からそのまま福山市へ…。結局、時間短縮になったのか、渋滞ストレスから十分解放されたのかよくわからんかった…。

頭に浮かんだのが、鞆の浦。これまでに3回くらいは行ったことあるんですが「行った」だけで街並みを歩いてない…。ということで駐車場を見つけ、少し鞆の浦を歩きました。

鞆の浦

f:id:PageTAKA:20161007113355j:plain
港のシンボルであります。前回、これを望むあたりで、Uターンして帰ったような記憶があります。交通渋滞すごかったなぁ…と思い出した。今回は大丈夫。

f:id:PageTAKA:20161007113530j:plain
こういった感じのお店とかがいくつも

この街の観光は、車を置いて徒歩ですね。

f:id:PageTAKA:20161007113624j:plain
シンボルにたどり着いた…

保命酒のお店はいくつもあった

備後では知られた「保命酒」、爺は1軒のお店が頑張っているんだろう、などと勝手に思っていたですが、歩いてみたら、何軒もありました。比べてよいのかわかりませんが「もみじまんぢう」「もみじまんじゅう」みたいなことでしょうか…。

f:id:PageTAKA:20161007113930j:plainf:id:PageTAKA:20161007113944j:plain

平成いろは丸

f:id:PageTAKA:20161007114157j:plainf:id:PageTAKA:20161007114200j:plainf:id:PageTAKA:20161007114204j:plain
仙酔島鞆の浦を往復するいろは丸。爺、むかし・むかし島で一泊したことがあるので、今回は乗船せず、記念(なんで記念になるか不明だけど)にカシャッ。

鞆の浦を西方向に抜け、本来の目的地に行こう、と強い決意のもと車をトロトロと走らせました。峠を下りて西進する先になにやら美しい橋が見えるではありませんか…。渡ったことないな…。

内海大橋

福山市の本土側と田島をつなぐ「内海大橋」でした。

f:id:PageTAKA:20161007115825j:plain

本土側から海峡部に橋がどわっとでているんですけど途中で右カーブ、その先の橋も右カーブということで90度くらいは曲がっているでしょうか…。本土側のとりつき道路も右カーブ少ししていて、イロイロ架設が大変であったろうと、素人の爺は妄想…。
f:id:PageTAKA:20161007121739j:plain

橋を渡るだけではもったいないので、田島を一周でもしてみることにして、北側の海岸を反時計回りに回ろうという目論見(≒ほぼ妄想)でハンドルを握りました。あ、アクセルも少しふかしたです。

すると、その先に見えたのは、横島。いえ、爺の腹の中にある「ヨコシマ」な気持ち、とは無関係です。
で、な・なんと、両島の間にも橋がかかっているではありませぬか。二度と来ないかもしれない(≒ホボ、体力や気力が衰えてくるに来れない、というのが正解)ので、この際ということで横島にも行きました。

今度は時計回り。横島の南海岸には素敵な海水浴場がありますね~。地図を見たら「横山海岸海水浴場」とありました。釣りをする人もこの島ではよく見かけました。横島一周して橋を渡り、田島に帰ってきました。なので、回ってない南岸を反時計回りに県道386号線を進行。こちらは道が狭いです。対向車が来ないことをただただ願う、というような道がかなり続きました。混雑がありそうな季節や曜日でなくてホッとしました。田島の県道386号は要注意…。

田島から望む常石造船

f:id:PageTAKA:20161007121025j:plain

田島の北岸からは常石造船が見えます。客船をふくむ10隻くらいが船の形をしていました。艤装中ということでしょうか…。
県道389号線を北上してましたら、戸崎港フェリー乗り場という文字が見え、西進。県道365号を進んだ先が乗場…みたいだったです。

厳島神社

ちょっと、巻き戻し。厳島神社があったので写真を載せるです。いえ、宮島ではなく、

広島県尾道市浦崎町4159-1」というあたりです。
f:id:PageTAKA:20161007121828j:plain
海の中に朱塗りの鳥居が建っております。

検索してみたら、厳島神社というのは各地にあるみたいですね…。

戸崎港から歌港へフェリー

県道365号線のデッドエンドまで進行しましたら、戸崎港フェリー乗り場でした。乗船の車レーンには先着ナシ。とりあえず先頭と思しき場所に止めたら、すぐ手招きされました。乗船しろと…。

すぐ、フェリーに乗船。サイドブレーキを引いて、お金を払う。軽四は270円でした(運転手の料金込み)。生活の足、ということで設定されている料金だそうです。
3分したら対岸の歌港に到着。歌港は向島の東端あたりになります。

このフェリー、サイクリング、バイク・ツーリングなどで使っても楽しそうです。
f:id:PageTAKA:20161007123641j:plain

歌港には、百島行きフェリーも寄港

f:id:PageTAKA:20161007122625j:plain
歌港では戸崎港とのフェリーだけでなく、百島へのフェリーも発着していました。
f:id:PageTAKA:20161007122756j:plain

あ~なかなか目的地は遠い。でも、このフェリーを使ったのでかなり近回りしたのではあるが…。

軟弱な爺は、尾道でラーメン食べて帰路に

f:id:PageTAKA:20161007123029j:plain
ここでラーメン(580円)食べて帰路に

国道2号線今津PA食堂

f:id:PageTAKA:20161007123234j:plain
国道2号線東進してましたら、PAがありました。普通の国道でちゃんとしたPA、ありがたや~ということで珈琲(250円)をいただきました。ごちそうさま~。朝、一杯飲んだだけで、のみたいな~と熱望してたんです、はい。

その後、事故もなく、無事帰宅。ヘロヘロ~

10月21-23日:SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会

日程

2016年10月21~23日、「長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)」(長野県・長野市)で「SBC杯第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会」が開催されます。

skatingjapan.or.jp