旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

パスポート切り替え準備

外国旅行に必須なもののひとつ「パスポート」(旅券)であります。
tabi.hatenadiary.com

爺のパスポート、有効期限の残りが半年を切りましたので、そろそろ切り替えの準備に入ろうかと…

ということで、まずは申請書を手に入れました。
f:id:PageTAKA:20170926110615j:plain
10年後、海外旅行する気力があるかわかりませぬが、とりあえずコチラで…

パスポート

普段使うのは、観光目的か短期商用目的くらいですね。爺、「短期商用」ということで何回か外国行きましたが、税関などの対応が観光旅行と異なったという「実感」はいまのところありませぬ。職業欄に「Photographer」などと記載していても詳細を尋ねられたり、撮影目的などを申告させられたというのはありません。もちろん、これは訪問する国にもよるのでしょうから、「一般化」することはできませんけどね…。
また、「短期商用ビザ」は「就労ビザ」とは異なります…念のため…。
wikitravel.org

神庭の滝:お猿さんはいませんでした

f:id:PageTAKA:20170925193552j:plain
神庭の滝に行ってきました。

200mmレンズで撮りました。手持ちで1/15Sです…手振れ補正付き…はい。

お猿さんはいませんでした

入園料(300円)を払うところに、猿が来ていないことを示す看板が出ていました。
帰りにお尋ねしたら、8月はわりと遭遇できるそうですが、9月など秋は山にエサがあるもので、神庭の滝まで出てこないそうです。
雪のコロは猿に給餌するので遭遇できるチャンスが多いそうです。道路も除雪してるとのこと…。

ライブカメラ:神庭の滝

神庭の滝には真庭市が設置したライブカメラがあるようです。

パスポートの残り期間

パスポートの有効期限

f:id:PageTAKA:20170925052120j:plain
パスポートの有効期限を見ましたら来年春まででありました。

ということは、残り6ヶ月を切る「有効期限」ということに…。
パスポートとるとき「10年」の期限が来ることはあまり考えておらず、ただただ海外に行けるヨロコビでありました。しかし、現実に10年が近づくと、加齢とか行けそうな範囲とか、イロイロ考えるようになるですね…。

パスポート6ヶ月以上の有効期限が必要な国

海外旅行で気を付けたい!入国・出国に必要なパスポートの残存有効期間
↑スカイスキャナにひとまとめにしてありました

比較的近いアジアのうちいくつかをピックアップすると、中国、タイ、シンガポールベトナム、フィリピン、インドネシア、などが6か月以上(入国時・出国時など「条件」は異なる)のようです。

台湾、韓国は入国時3カ月以上…まだ行ける爺のパスポートで…。

パスポートの期限内更新:岡山県

パスポート(旅券)申請のご案内 - 岡山県ホームページ(国際課)
国が管理する「パスポート」(旅券)ですから自治体によって手続きが変わるわけではないのですが、岡山県の場合、↑のリンク先から…

「残存期間」が1年以内の場合「新規申請」ということで、新たなパスポートを市町村役場で作ることができるそうです。



Q&Aもありました
パスポートQ&A - 岡山県ホームページ(国際課)

経ヶ岬灯台:丹後半島先端にある灯台、バス時刻表

経ヶ岬展望所:ぐるっと丹後周遊バスの停留所

f:id:PageTAKA:20170922023105j:plain
京丹後市の先端にあります。「経ヶ岬 - Wikipedia」に行く多くの観光客の目当ては「経ヶ岬灯台」ではないかと思います。

公共交通機関となると "ぐるっと丹後周遊バス(ぐるたんバス)で丹後を満喫‼  | 京丹後市観光協会 公式ホームページ 「京丹後ナビ」" で行くことになりそうです。

展望所の駐車場には東屋、トイレなどがありました。また売店のようなものもありましたが、訪問時は営業してなかったです。

2017年は、11月5日までの土日祝に運行される周遊バス

f:id:PageTAKA:20170922023900j:plain
「周遊バス」は土日祝のみで、夕日が浦/網野駅方面からアクセスし経ヶ岬展望所バス停着が11時23分、3時間ほど経ヶ岬で過ごし14時35分発で引き返す、という利用に限定されるみたいです。

灯台に行かなくてはこの岬訪問の意味は無さそうですので、ひたすら3時間後のバスを待つということになりそうです。乗ってきたバスは半島を時計回りに伊根方面に走り終点は宮津駅です。

展望所バス停と灯台往復は徒歩30分くらいかかると思います。

f:id:PageTAKA:20170922024943j:plain
トイレ左にある案内に沿って山を登ります。ハイヒールでは行けないかと思います。階段、土の道、落葉、雑草などもありますので、雨のあとなどはさらに注意が必要かと思いました。

f:id:PageTAKA:20170922025201j:plain

途中で山頂方向と別れ、それまでの上りと比べればラクそうな道がやや下っている先に灯台の入口があります。
駐車場からのは距離0.4km…でも表示の割りには、時間というか遠いというか、そんな風に感じました。

海上保安庁が出している茶色い看板の先に進むと右側に灯台が見えます。
f:id:PageTAKA:20170922025515j:plain
青い看板の左から下に降り灯台をぐるりと回ることができます。灯台に行った、という感じは行程からタップリ感じることができますが、灯台をぐるりと回るのに時間はわずか…。「近代化産業遺産」の意味を感じながら周囲の海を眺める灯台訪問なのでありました。灯台の中には入れませんでした。

爺は、山頂展望台はあきらめ駐車場に戻りました。

youtube

経ヶ岬関係のyoutubeがありました…
youtu.be
youtu.be
youtu.be

静御前の生誕地:浅茂川温泉からのアクセスが楽みたい

京都府道665号線で夕日が浦温泉からアクセスするときは、この場所でキッチリ左カーブに沿って下降…

京都府京丹後市網野町塩江マップ - goo地図

静御前の生誕地

静御前の生誕地は「静御前生誕の地 京丹後市網野町磯」「京丹後七姫伝説~静御前 | 京丹後市観光協会 公式ホームページ 「京丹後ナビ」」などでどうぞ…。

生誕地へは、海岸線沿いの京都府道665号線で行くのですが、夕日が浦温泉の側から左手に海岸を見ながら進むのか、浅茂川温泉の側から右手に海岸線を見て進むのか…。

夕日が浦温泉側からの府道665号は、まもなく細めの道に…

爺は、夕日が浦温泉側からアプローチし訪問の後、浅茂川温泉に抜けました。道路状況を考えると、浅茂川温泉側から行き、訪問後は引き返すのが良いかもしれません…(爺基準による)。

夕日が浦温泉を抜けわりと整備された道路を上ると、ほどなく下り坂…その後、この記事の先頭のような注意が必要な場所に出くわしました。地図の黄色の線に沿って左に曲がり下降するのがポイントです。

爺は、何も考えず直進し、前方に不安を覚え、自動車のナビを見て誤進路であることに気づきました。なんとかバックして正しい道に戻り、走りました。その後も、静御前の生誕地(網野町磯)まで、あまり良好な道とは思えませんでした。

その後、生誕地から浅茂川温泉に抜ける道はそれなりに整備されていました。運転が苦にならない人にとってはなんでもないことでしょうけど、多少なりとも不安がある場合は、静御前の生誕地へは浅茂川温泉側からアクセスし、訪問後はそのまま引き返し、浅茂川温泉から次の目的地へ移動する、というのが良さそうです…。

生誕地の碑(京丹後市網野町磯)

生誕地には碑が建てられています。
f:id:PageTAKA:20170921150528j:plain
府道665号沿いに車数台止められそうな場所があります。道路そばに案内板が出ていて、家の間の道を通り坂を下ると2分ほどで到着します。

豊年:沖縄泡盛@伊良部島

f:id:PageTAKA:20170907081100j:plain
泡盛百科 - 株式会社渡久山酒造」で紹介されてる泡盛「豊年」です。

沖縄でほかのと一緒に買ってきて、残りの一本であります。

awamorinavi.info
↑定番の銘柄みたいです。

高アルコールをあまり感じさせない飲みやすさで、甘みのある豊かな香りと口当たりの良い泡盛に仕上がっています。」ということでもあるようです。

呑んでみると、30度というのを感じないんですよね。ある意味「水」のような感じにも爺には思えました。爺の乏しい「泡盛」経験から言えば、対極とでもいえばよいのが「白百合」でしょうか。「豊年」は「白百合」に比べると実にまろやかで優しい味です。でも、しつこくはない。

これも美味い、と思える泡盛「豊年」でありました…。

十割りそば@木楽

住所:岡山県勝田郡奈義町高円1962-1

53号線に抜けようと南からのアプローチでした。
f:id:PageTAKA:20170902210310j:plain
北上中の進行方向右手にありました。「そば」の幟が目に入り、さっそくお店へ…。
f:id:PageTAKA:20170902210405j:plain
木製のメニュー表

f:id:PageTAKA:20170902210426j:plain
十割りそばを頼みました

f:id:PageTAKA:20170902210449j:plain
くどすぎず、後味が優しい出汁でした。でも、薄いわけではなく、そばを食べきるまでに出汁を足さずに済みました。甘すぎず、軽すぎず…好みの出汁…

f:id:PageTAKA:20170902210605j:plain
営業時間