旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

常客証は、二回目の有効期間延長らしい。

台湾を年に3回以上訪問し、申請により取得できる「常客証」は、桃園空港の入国の長い列(出国のときもいくらか)のときに、持っていてよかったと思える書類です。

【台湾:常客証】(部分)
【台湾:常客証】(部分)

で、新型コロナの影響で、有効期限(1年間)が経過し、あ~また最初から取り直しか~と思っていました。で、ネット徘徊した結果、そうでもないのだと…。

台湾通関当局のサイトに2021年1月15日 付で”2nd Automatic Extension for validity of「Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors」"というのがありました。常客証の有効期間が2回延長されているようです。
本文は以下の通りです。

Due to the outbreak of COVID-19, the validity of Speedy Immigration Inspection Certificates (hereinafter referred to as Speedy Certificate) which expired during August, 2020 to July, 2021 will be automatically extended for 1 year.

In 1st automatic extension, the validity of Speedy Certificate which expired during February to July, 2020 was automatically extended for 1 year and will be extended for another year.

Google翻訳によると以下の通りです。

COVID-19の発生により、2020年8月から2021年7月までの間に失効したスピーディ移民検査証明書(以下、スピーディ証明書)の有効期間は自動的に1年間延長されます。

1回目の自動延長では、2020年2月から7月に失効したスピーディ証明書の有効期間が自動的に1年間延長され、さらに1年間延長されます。

2020年2月以降に1年経過し「失効」した「常客証」は、救済措置で「有効」らしい

台湾当局のサイトを見ると、2020年2月から2021年7月までに失効の「常客証」は、有効期間が延長される、ということのようです。2020年2月失効の常客証であれば2年間延長ということで2022年の2月頃まで使える、ということになりそうです。また、2021年7月に期限を迎える「常客証」は1年延長、とのこと。

本来なら失効したはずの「常客証」のうち、発行されたのが2020年2月から2021年7月までであれば有効ということかと。気が早いのですが、来年7月までには台湾との往来ができるようになるのではないかと妄想する爺でした…。

なお「the validity of Speedy Immigration Inspection Certificates」となっている部分をGoogle翻訳が「スピーディ移民検査証明書」と翻訳しています。爺の現物を見たら「Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors」となっていて、漢字では「外籍商務人士使用快速査験通関証明」と表示されていました。別段「移民」という意味でもないのかと…。「商務人」というのも気にしないでOKで、要は1年に3回以上台湾訪問するなら、通称「常客証」申請し取得しといた方が、通関検査の時間が短くなるという、ありがたい措置です。

tigerair:岡山と台湾の間、時刻設定が5、6月に…。

爺、ネット徘徊してました。タイガーエアー台湾のサイト見てましたら、5月と6月に、岡山空港台北桃園空港間を結ぶIT214・IT215便の設定が表示されました。

tigerair:岡山と台湾の間に時刻設定が5、6月に…。
【tigerair:岡山と台湾の間に時刻設定が5、6月に…。】

桃園発(11:30)→IT214便→岡山着(15:05)が13,700円か6,300円で一応毎日…。岡山発(15:50)→IT215便→桃園(17:40)同様の価格です。いわゆる5月連休中が高く、それ以外は半額程度。6月は4日間が高く設定され、同様の設定価格のようです。

試しに特定の日付をクリックしてみたら「残り1席」という表示が…。

「残り1席」
【「残り1席」】

実際にどうなのかわかりませんが「残り1席」だそうです。席の指定に遷移したら「エラー」になりました。

ず~っと価格設定が無かったのだろうと思うのですが、とりあえずそういう状況ではなくなったみたいです。実際に予約し、実際に搭乗できるのはいつのことになるのでしょうか…。

【座席タイプを選択すると、エラー表示に】

台湾:新型コロナ感染拡大対応で、日本の感染状況悪化を理由に、検疫が通常国扱いに。

新型コロナウイルスに関する注意喚起(日本の新型コロナウイルス感染状況の悪化に伴う、短期ビジネス関係者の入境にかかる水際措置の一部緩和対象国からの除外)
日本の感染状況が急速に悪化し、近日、一日当たりの新規感染症例が1,000件を超えており、且つ、感染が我が国と密接な往来のある都市地域に集中している。同国の感染状況が引き続き悪化していることを考慮し、本(5)日より同国を「短期滞在ビジネス関係者入境に関する在宅検疫短縮申請」の中低感染リスク国から除外する。

www.koryu.or.jp

5日台湾は、日本国内の新型コロナ感染拡大を受け、日本国を「検疫短縮」の対象国としていたのを、通常国の対応と同様にしたもようです。

吉岡温泉会館 一ノ湯は、県外客もOK(7月1日から)

昨日、鳥取市内の温泉のひとつ「吉岡温泉会館一乃湯」に行ってきました。

県外からの入浴もOK、吉岡温泉会館一乃湯
県外からの入浴もOK、吉岡温泉会館一乃湯

問診表、マスク、手指消毒

問診表、マスク、手指消毒して入館。吉岡温泉会館一乃湯
問診表、マスク、手指消毒して入館。吉岡温泉会館一乃湯

新型コロナ感染防止のため、一乃湯利用については一定の制限がかかっておりました。問診票、マスク、手指消毒などです。

熱めのお湯 湯船は45度くらい

熱めのお湯 湯船は45度くらい、吉岡温泉会館一乃湯
熱めのお湯 湯船は45度くらい、吉岡温泉会館一乃湯

源泉が50度くらいあるので、湯船での熱さも頷けます。一応、1時間半、露天風呂使わせてもらったりして過ごしました。
びっくりしたこと、(1)足のかかとなど角質がボロボロ取れました。(2)擦り傷の治り、帰宅後に感じるのに速いみたい。いずれも個人の感想です。体を洗いまして、何気なく手指でかかとのあたりをこすりましたら、なにやらボロボロ浮いてくるではありませんか。角質がボロボロととれるのです。まあ、ふやけた爺の皮膚、ということもあるのでしょうが、かなり見事な落具合でした…。

脱衣所のコインロッカーの使い方もなかなかよく考えておられました。

台湾:29日から、観光(一般的社会訪問を含む)以外の入境を緩和の方向。

www.koryu.or.jp

台湾における新型コロナウィルス感染拡大措置の緩和が、6月29日から行われることになりましたが、一般の観光はこれにはまだ含まれないようです。

観光(一般的社会訪問を含む)と就学を目的とする入境を除き、外国人の入境制限を6月29日から緩和する。これにより、ビジネス目的、親族訪問、研修、国際会議や展覧会への出席、国際交流事業、ボランティア、布教活動、ワーキングホリデー、青少年交流、求職目的であれば、台湾の在外公館/在外事務所に必要書類を提出し、審査を経て特別入境許可を取得すれば入境が可能となる。
 なお,「一般的社会訪問」とは、友人訪問、結婚式参加、スポーツ試合観戦、コンサート等の鑑賞、季節の慶祝・文化活動参加等、特定の受入機関や親族が台湾にない訪台を意味する。

今回緩和の対象は、ビジネス目的などで必要書類が審査を通れば、などというもののようで、一般観光はまだ先の事かと読みました。

台湾:二週間ごとに見直すリストで日本は「中低感染リスク」の分類。

19日付「新型コロナウイルスに関する注意喚起(台湾当局による短期滞在ビジネス関係者に対する水際措置の一部緩和)」によると、日本は「中低感染リスク国/地域:日本,韓国,マレーシア,シンガポール」と分類されていました。「低感染リスク国/地域:ニュージーランド,オーストラリア,マカオパラオ,フィジーブルネイベトナム,香港,タイ,モンゴル,ブータン」に次ぐ位置づけのようです。

なお、今回の水際対策の一部緩和の対象は、「短期滞在(3か月以内)のビジネス関係者に対する水際措置の一部緩和」となっています。ビジネス関係者などへの今回の緩和の経過を見ながら、一般観光旅行者への入境制限が緩和される流れにつながるか、注目されます。

道の駅:西いなば気楽里

9日、道の駅「西いなば気楽里」に立ち寄ってきました。山陰道・浜村鹿野温泉ICを南向きに降りるすとすぐです。足湯はお休み中でした。


【道の駅:西いなば気楽里・9日撮影】
【道の駅:西いなば気楽里・9日撮影】

フードコートで、珈琲セットを奥様、しょうがソフトクリームを爺が頼みまして、いただきました。