読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

7月1日から15日、博多祇園山笠

www.hakatayamakasa.com
www.hakatayamakasa.com
10日午後4時から「流舁(ながれがき)」で各流の区域内で「舁き山」を動かす。
f:id:PageTAKA:20160629100315j:plain

www.hakata-yamakasa.net
www.hakata-yamakasa.net
15日の博多祇園山笠のクライマックス「追い山」は午前4時59分から

7月11日
早朝:朝山(早朝、各流の区域内、大人の山笠に子供が台上がりする唯一の機会)
夕方:他流舁(流の区域外を廻る)
7月12日:追い山馴し
いわばリハーサルで、本番である15日の追い山より1kmほど短縮されたコースで行う。15時59分に一番山笠が山留めをスタートする。
7月13日:集団山見せ
地元の名士や有名芸能人を台上がりさせた各流の舁き山が、明治通りの呉服町交差点から博多部を越えて福岡市役所までを通る。15時30分に一番山笠がスタートする。
1962年(昭和37年)に始まった行事で元々は各流独自に他流舁きと称して福岡部に舁き入っていたものをイベント性を高めるために13日にまとめ、福博の知名士(孫正義 等)を台上がりさせたもの。当初は不参加の流もあった。開始当時は蔵本交差点より福岡中央郵便局まで。2009年(平成21年)まで福岡市役所まで来た舁き山は帰り道として、国体道路を通り中洲を経由して各流の地域へ帰っていたが、舁き山が中洲へ向かう際一時通行止めをしなければならず、その度に国体道路は渋滞が発生していたため、解消策として2010年(平成22年)より福岡市役所から呉服町交差点まで明治通りを通る復路が設定された。
7月14日夕方:流舁(各流の区域内)
7月15日:追い山、鎮めの能
博多祇園山笠のクライマックスにあたる行事(タイムトライアル)。4時59分に一番山笠が山留めをスタート、博多の総鎮守櫛田神社境内の清道を回って奉納する。その後、二番山笠から八番山笠「走る飾り山」までが5分おきに出発し多数の男たちが交代を繰り返しながら博多の町を舁き回り、須崎町の廻り止めまで約5kmのコースを駆ける(八番山笠は別コース)。
山笠が清道を回り終えると、櫛田神社境内にて喜多流の能楽師により紋付き袴の姿で「鎮めの能」が舞われる。
スタート時刻が4時59分と言う中途半端な時刻なのは一番山笠のみ櫛田神社境内で祝い歌「博多祝いめでた」を歌う1分間が与えられており、5分おきと言う山笠の出発間隔を調整するためである。