読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

ヘルシンキからサンクトペテルブルク訪問鉄道で。希望すれば、ネット経由でロシアビザ取得の招待状がメールで

トラブル未満だけど

ロシア ビザ招待状 説明

2016年4月6日から、ロシアビザ取得に必要な「招待状」をロシア鉄道を利用して入国する際は、無料で入手できるみたいです。ただし、ビザそのものが取得できるのではないのだということをお忘れなく…。

Big news on Russian Trains. Starting from April 6th, 2016 when you book your train tickets from Moscow to St. Petersburg, St. Petersburg to Helsinki or any other route in Russia - you get your official Russian visa invitation for free.
www.russiantrains.com

Alegro号でヘルシンキからサンクトペテルブルク訪問

f:id:PageTAKA:20160830113757j:plain
Russian Train Tickets: Travel Russia by Rail」サイトを見てまして、試しに便を指定して途中まで進行したのです。すると、先頭に書いたロシアビザ発行に必要な招待状が希望すれば取得できるのだと…。
f:id:PageTAKA:20160830114059j:plain
↑自動翻訳したら以下のようになりました↓

NOT VISA!ロシアのビザの招待状は、ロシアへの観光ビザを申請するために必要とされます。オンライン予約の際、あなたは無料であなたのためにそれを追加することができます。あなたの招待状は、1営業日以内にメールで送信されます。

爺、一度ロシアビザとったことあるが、使わなかった

f:id:PageTAKA:20160830114734j:plain
↑ロシア観光ビザの一部。パスポートに貼ってある。
爺、何年か前にロシアの観光ビザ取得したことがあるです。旅行会社経由で、日程までシッカリ決まって。でも、実際には旅行には行けませんでした。ロシアは未踏の地…。

無関係ですけど、備忘録的に書いとくと、爺の母親は、1945年より前の樺太に兄を訪ねて北海道から往復した、と生前聞いたです…。

さて、もとに戻って…。で、数年前のときですが、何日もかかったです、ビザがパスポートに貼られて帰ってくるまで。そういう意味では、旅行に準備が必要な国・ロシアという印象が強く残っているのでした。

ところが今回、ロシア鉄道で国境を越えるのであれば「ビザ招待状」までの過程がネットでできることに気づいたです。あとは、普通に、まあ、爺は貧乏性ですので自分でということになるかと思うですが、観光ビザを申請すればよいということになるのかと思います。

ビザ発給に関する情報@在日ロシア大使館領事機関

ネット検索すると、お仕事で代行などしているところがでてくるですが、以下のところが公的な案内になるのかと思います。

www.russia-emb.jp

10営業日以降の受領は無料らしい

下のリンク先は「空バウチャー」利用の場合。
www.akionakagawa.com
この記事によると「10営業日以降→無料」となってたです。ロシア大使館領事機関サイトのページでは・観光または通過ビザの場合、6~10労働日で発行する場合4,000円の手数料、との旨表示されてますので、確かに11労働日からを受領日とすれば
今回の想定は、ロシア鉄道利用。鉄道の予約確認プリントアウトすればOKなのかと想像するですが…さて。
あ、そうそう、郵送でのビザ申請は受け付けてないのだと…。

ビザ申請は申請者本人、代理人、もしくは旅行代理店を通じて領事部のビザ・セクションにて直接申請することになります(郵送での申請は受け付けておりませんのでご注意ください)。
出典<<

ということは、近くの領事館に行かなくてはいけんのですよね…。
tierra-note.com
岡山在住の爺から近いのは大阪領事館…。
受取りにも行かんといけんのでしょうね…。時間と交通費とかかるねぇ~。こうなると代行業者にお願いするのも合理的に見えてくる…。