読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

米国:通過でもESTA申請が必要

外務省のサイト見てましたら、米国への入国(通過を含む)の際にはESTA(電子渡航認証システム)が必要とのことです。2009年からそうなんですね…。

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されています。米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国における乗り継ぎ含む)は、査証(ビザ)は免除されていますが、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。なお、米国政府は、2010年9月8日以降、ESTA申請時には、一人当たり14米ドルを課しており、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)とのことです。事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機等への搭乗や米国への入国を拒否されますので御注意ください。一度ESTAの認証を受けると2年間有効です。:出典・米国へ渡航される方へ:ESTA(電子渡航認証システム)に申請してください | 外務省

ESTA申請サイト(日本語表示)

20151220215736
これには限定があって、国名が「VISA WAIVER PROGRAM参加国」にリストアップされている必要があるということで、確認したら日本もありました。

  1. 新規の申請
  2. 個人の申請
  3. 小窓開く→セキュリティに関する通告「確認&続行」
  4. 免責事項→「はい」チェック→「はい」チェック」→「次へ」
  5. 申請者情報を入力→
    1. 姓、名、性別
    2. 生年月日、出征した市区町村、出生国
    3. パスポート番号、国籍、発行日、発行国
    4. 両親:姓、名
    5. 連絡先情報:住所、電話、メアド
    6. 勤務先情報:現在/過去

これからあとはチャンと入力しないと進めないみたい…。