読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

ミラノ:おいしかったパンの名前は「Panettone」

食・土産 ヨーロッパ

前説

以前の記事で書いたパンの続きです。
tabi.hatenadiary.com

レストランで名前を尋ねた

f:id:PageTAKA:20151213215832j:plain
上のパンが美味しかったので連続で食べたです。名前を書いてもらったら「Panettone」とのこと。それで、とりあえず発音したら違うという…。「パントーネ」といったら、まあそんなもんか、というような反応でした。

パネットーネ - Wikipedia」とか「パネトーネ」とかいうみたいです。

ミラノ発祥のパンみたいで、クリスマス前にはよく出回る種類のようです。「パネットーネ種の酵母を用いてゆっくり発酵させたブリオッシュ生地の中に、レーズン、プラム、オレンジピールその他のドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、甘く柔らかなドーム型の菓子パン」とか。爺が食べて感じたのは、レーズン、オレンジピールの風味でした。プラムの方はよくわかりませぬ…。