読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のブログ

移動、旅、などをとりあげます。経験とネット上の情報など、現実と妄想ごちゃまぜ悪しからず。

ソウル往復:本番3日目。本日は夕方に帰る

10月15日、ソウルで夕方までいて、夜には岡山帰着という日でした。

HOSTEL:蚊に刺されることもなく

前日の朝は蚊に刺されたりしたもので、その夜に殺虫スプレー借りてプシューとしたおかげで、無事朝を迎えました。
午後3時頃ソウル駅から仁川空港へ向けて地下鉄A線で出発するという予定だけ立てて、あとはブラブラとしてみようという目論見です。ただし、HOSTELをチェックアウトしますので、6キロ弱のリュックを背負って歩くという難行苦行、修行のようなソウル街歩き…。

地下鉄3号、安国駅

東大門近くのHOSTELをチェックアウトし、地下鉄3号線・安国駅で下車しました。
3番出口で地上に。
f:id:PageTAKA:20151016111345j:plain
およそ東向きに歩くことになります。進行左前方「現代」の大きなビル、手前で左折(北向きになる)しておよそ反時計回りに「北村」を歩くことにしました。

北村、案内板もありました

f:id:PageTAKA:20151016112324j:plain
おすすめの散歩コースを示す案内板がありました。
安国駅からこの案内板のあたりまで、右側は現代関係の建物でしょうか。左側は、ちょっとオシャレなカフェなどが並んでおりました。
f:id:PageTAKA:20151016112429j:plain

北村、坂が多いので履物と水分補給に注意

そのまま北進すれば、一般的なんでしょうけど…爺は別道へ。
上の画像、案内板のある所からすぐの交差点を右折し、坂を上りました。歩きやすい靴でないと散歩できないですね。
坂を下ると進行右側にポルトガル大使館。その先の三差路を左折し(北進)。
下の画像は、坂を下りてふりかえった場面。
f:id:PageTAKA:20151016112928j:plain
北進すると、だんだんと、韓国の雰囲気を感じるゾーンに入ります。

バス01線停留所

奥の方まで行くと、下の画像のような場所に。
f:id:PageTAKA:20151016113619j:plain
バス停ですが時刻表などはありませんでした。グリーンの小さ目のバスが巡回しているようです。
爺は、赤線に沿って奥まで行きました。王宮から流れ出る水で庶民が洗濯していた場所というのがありました。それを右に見ながら道に沿って歩く(反時計回り)と、上の画像の赤の線が出てくる場所に帰ります。途中には宮中料理の研究所がありました。
f:id:PageTAKA:20151016114016j:plain
バス停まで帰ってきたら右折し、坂を上がります。
韓服で着飾って写真を撮ってもらえるスタジオ、ゲストハウスなどを右に見ながら、今度は坂を下ります。

冬ソナのロケ地らしい…中央中学高校

バス先頭の右側、木が覆いかぶさるように葉を茂らせているのが中央学校…。
f:id:PageTAKA:20151016114454j:plain
坂の下で01バスが停車中でした。バス停みたいです。
熱心なおばちゃんに呼び止められ、店に引き入れられました。別に、手を引っ張ってと言うことではなかったですけどね。
f:id:PageTAKA:20151016114611j:plain
学校内は、冬ソナのロケ場所みたいです。おばちゃんの店には、テレビでよく見るスターたちのポスターとかグッズとかいっぱいありました。
改めてロケーションを見ると下の画像の通りです。
f:id:PageTAKA:20151016114732j:plain
左側が学校門(入れません。ガードマンもいます)、右側がおばちゃんの店。なお、ほかの角にもお店が…。

坂を上り、下ったら大きな通り「북촌로」(北村路)に出た

f:id:PageTAKA:20151016130845j:plain
横断歩道を渡り、坂を左上に。行き止まりみたいですが、狭い右側を越える(↓)と、上から韓屋村を眺めるという感じになります。
f:id:PageTAKA:20151016160912j:plain
そのまま進むと「高台」で見晴らしの良いところと言われますが…。
およそ、西には景福宮、民族博物館、南には現代美術館、安国駅という位置からどこをめざすかは、お好みに、という格好の観光コースかと思います。このあたりも引き続き坂がきついので、靴は履きなれたものが良さそうです。車いすでは無理かと…。

北村エリアのトイレ

北村エリア内で爺が見つけたトイレを書き留めておきます。特に、韓屋らしい地域を歩いているとトイレが見つけにくいかと思います。地下鉄駅にトイレがありますので、準備万端、というのがよろしいかと。

正読図書館

公園になっていて、桜のトンネルを進むと図書館があります。館内に何か所かトイレあります。飲料水の給水所もありました。
f:id:PageTAKA:20151016160005j:plain
アクセスは、インフォメーションボックスの裏の坂道、木製階段をあがります。
仮設トイレもありますが、図書館目指して進行した方が良さそうです。

北村伝統工芸体験館

f:id:PageTAKA:20151016133438j:plain
f:id:PageTAKA:20151016133519j:plain
こちらは無料でした。ここに至るまでに入場料が必要な見学などの施設でトイレの表示があるところも見えました。

現代美術館

レンガ造りの建物です。奥が有料展示でしたが、玄関から中庭の見える位置あたりまでは無料スペース。
f:id:PageTAKA:20151016133849j:plain

景福宮へ

ソウル観光に行けば大概訪れる場所といってもいいでしょうか「景福宮」に行きました。
北村韓屋村が東側、景福宮が西側、間を南北に走るのが三清路(삼청로)です。現代美術館玄関前、また民族博物館からの出口のひとつがこの大きな通りに面しています。景福宮観光関係の観光バスが数珠つながりになっていました。
入場料3,000ウォン、民族博物館も入りました。
f:id:PageTAKA:20151016135719j:plain
勤政殿まえの品階石柱のところでは、韓服姿のお嬢さんたちがパチリしてました。どこの国からの観光?
左前方に進み、これも有名な慶会楼の池の傍へ。ここでも記念写真の人がいっぱい。爺はかつてここまで来たことがあるです。
今回は、同楼を左に見ながら北進し、香遠亭(↓)に行きました。
f:id:PageTAKA:20151016140008j:plain
右ターンし、国立民族博物館へ。フラッシュ、三脚を使わなければ写真OKです。
ハングルができたころの文書、なにか発声の仕方などをかいたものでしょうか…。
f:id:PageTAKA:20151016140345j:plain

あらっ、時間が思ったよりすすんでる

博物館から外に出たら、漠然と思っていた時間より少し進んでいる…。
ということで、ソウル駅めざし歩きながら、途中で警官に地下鉄駅を何回か尋ねながら進行。景福宮を南下し一番近い光化門駅の地下鉄5号線は、ソウル駅を経由しません…。別の線を探さなくては…。
大きな道の西側歩道を南下したら観光案内所「i」(地下鉄5号・光化駅6番出口付近、東和免税店前)がありました。「南下したらすぐ市庁駅」とのことでした。同駅は1号線。次の駅がソウル駅になります。観光案内所のところから歩いたらソウル駅は20分くらいとのことでもありました。迷わず地下鉄を選択。
徳寿宮東側3番出入り口から地下へ(↓)。
f:id:PageTAKA:20151016141328j:plain
ソウル駅到着、地下鉄1番出口から地上へあがりました。
ソウル駅2番出入口に到着。駅舎内に入り左側に券売所を見ながら端まで進むと仁川空港に行く地下鉄の案内があります。
f:id:PageTAKA:20151016141616j:plain
嫌と言うほど地下方向へズン・ズン…。
f:id:PageTAKA:20151016142008j:plain
行き先が緑色と灰色の時刻で違うみたいです。およそ20分に一本が仁川空港へ行く便があるみたいです。約1時間。
2時52分発のに乗車できました。
なんとなく午後3時、というこの駅からの出発時間はほぼオンタイムでありました…。

仁川空港駅到着、Koreanairのカウンタはどこだ~

鉄道駅から空港へ移動です。
f:id:PageTAKA:20151016142345j:plain
エスカレーターを上がったら空港。
だいたいまっすぐ進むと思うですが、右に進むとKoreanairのカウンタ(A、B)が近そうです。まあ、そうたいした差はないですけど…。
爺は、カウンタ位置がわかりませんでしたので、すぐ案内のところで尋ねました。
f:id:PageTAKA:20151016144317j:plain
そしてABのあたりに行くと人が多いのです。「一人なら自動チェックインでいかが…」とすすめられ、初めて使った田舎者爺でありました。
岡山出発時に航空券をすでに手配しています。手元には発券に関係するものはA4にプリントしたものだけ…。できるのだろうかチェックイン…。
なんのことはありません、パスポートでもOKでした。席も適当に自分で選んで発券完了、以上終了。

残った課題は、バスターミナルの時刻表・行先を写真に収めなくては

搭乗時刻は午後6時20分、それまではまだ2時間ある…余裕だな~と思ったのはちょっと甘かった…。バスターミナル全部を撮るには結構な大きさだった。最後のあたりでコンデジが電池切れに…。
バス関係は、今回ソウル訪問の大きな仕事だったので別の機会(≒忘れてしまいそう)に。

バスで飛行機へ

バスターミナルで写真を撮って少し時間が余ったので、通関を通り搭乗待合というか、無税の天国(≒金持ちには)に到着。
f:id:PageTAKA:20151016154931j:plain
こういう行列が通ってました…。
爺は貧乏なので、小腹が減ったのをちょっとおさめようと練り物と水を買ってパクリ…。
f:id:PageTAKA:20151016154951j:plain
短時間ですけどUSBで充電しました。
f:id:PageTAKA:20151016155057j:plain
充電スタンド(無料)
25番待合室からバスで飛行機へ。帰りも737-900でした。

蚊に刺されたのを一応口頭で申告

岡山空港到着。念のため、蚊に刺されたことを口頭で係官に伝えました。2週間くらいして熱が出たら、というような話でした。まあ、何事もないとは思うですが、名前もパスポートの確認もなかった…。

預け荷物が無かったのでそのまま税関へ。早めに通り、バス乗場へ行きました。ハレカが使えないとのことで現金を使い券売機でチケット購入。午後9時少し過ぎJR岡山駅到着、赤穂線西大寺へ。あとは歩いて帰宅、午後10時頃でした。